前へ
次へ

医療機関で研究される眠りについて

睡眠時無呼吸症候群、今や、睡眠障害として認知されていますが、肥満が1つの原因です。
産業医によれば、メンタルヘルスに悩む労働者の多くが、睡眠の質の低下をあげているそうです。
疲れているのに眠れない、仕事のことを考えれば眠りが浅くなる、こうした悩みも多いようです。
睡眠を医学的に解明している機構もあります。
国内外からトップレベルの研究者が集まり、睡眠科学に新しい展開をもたらしてもいます。
医療の場にも応用ができる情報ばかりで、例えば、眠りの質を高めるマットレスを入院生活にて利用できます。
患者を移送する際、自然で無理のない姿勢を保持し、長時間のフライトを快適にする枕やクッションを用いれば、転院トラブルも少ないものです。
医療現場のみならず、例えば、子供たちには保健室での安静も必要になるかもしれません。
その場合にも質の高い環境がサポートしてくれるのなら、身体の不調もだんまりせず、相談する行動に移るキッカケにはなり得ます。

Page Top